薬剤師から治験コーディネーター・CRCに転職した私の体験談

皆さんはCRC、治験コーディネータの仕事をご存知ですか?

私は30台前半の女で、ドラッグストアで薬剤師として勤務していたのですが、日々の品出し、レジ打ちに正直うんざりしていました。

「こんな仕事がしたくて薬剤師になったわけじゃないのになぁ・・・」

自分の仕事を卑下したくはなかったけれど、時にアルバイトでも務まりそうな業務を淡々とこなす日々に、自分の目標や仕事のやりがいを
見失い、そのうち仕事に出かけようとすると激しい吐き気に襲われるようになってしまいました。

肉体的にも疲労がたまり、私のお店は薬剤師の人数も不足していたので、時には休日出勤、残業も多く、収入は多かったですが使う暇もなかったんです。

そんな時、薬剤師仲間が治験コーディネーター、CRCに転職したことを知りました。

土日休みで残業も無く、直接患者さんの不安を取り除けるやりがい、企業に属して働くことの充実した待遇や、さらに現場で薬剤師がどれだけ必要され、重宝して貰えるかを聞いているうちに、私もCRCに転職したい!と思うようになりました。

すぐに薬剤師転職のサイトで情報を調べることに。

薬剤師転職に関する記事が揃っていたサイトだったので、正直CRC以外の仕事にも目を引かれてしまい、ちょっと悩んでしまったのですが(笑)

ですがそのサイトのCRC、治験コーディネーターの記事にこう書いてあったんです。

調剤薬局やドラッグストアで勤務する薬剤師にとって土日休みは希望してもなかなか手に入らず、転職で企業を希望する方が多いのですが、現実的にはかなり狭き門になっています。
しかし、薬剤師出身のCRCは不足しているため、CRCとして企業に転職する事を希望すれば高確率で実現できるのです。
育休や産休など働きやすい環境を整えている企業が多く、残業なども少ない職種の為プライベートも充実させることが出来るでしょう。

この文面を見た私はいてもたってもいられなくなり、その日の内に薬剤師転職ドットコムやマイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、薬キャリなどに上記のサイトから登録。

そのサイト内のすべてのCRC求人、治験コーディネーターの求人を比較し、地元で働けてかつ年収の高い仕事に応募しました。

チケンコーディネーターの求人は一般的な薬剤師の求人、特にドラッグストアなどと比べると年収が安くなってしまうものが多いのですが、多くの転職サイトに登録して比較したことで、今の待遇と年収の変わらないCRC求人を見つけることが出来ました。

面接は不安だったので転職サイトのキャリアコーデイネーターに同行していただき(汗

でもそのおかげで自分がアピールすべきところを面接官にしっかりと伝えることが出来たので、無事CRCに転職することが出来ました!

今はプライベートも充実しているし、仕事のやりがいも大きくなったし。

どうしてもっと早く転職しなかったんだろうってちょっと後悔しています。

もし今でも、自分の道を見失ってしまって、やりがいが見いだせない薬剤師の仲間がいたら。

CRC、とてもお勧めです!